20170322





いくつになっても、親兄弟や御先祖様方の顔に泥を塗ることなく、親の顔が見てみたいなんて言われることなく、生きていかなければ。


いつくになっても、親兄弟や御先祖様方に胸を張って誇れるような人生を歩まねばと思います。



| - | 15:49 | comments(0) | - | - | - |

20170315


朝、七時に目覚めて

八時に家を出て

九時に電車に乗って

十三時に飛行機に乗れば

十五時には北海道にいるという。




初めての北の大地は




ロシアの様な



北欧のような


なんとも新鮮な景色です。





ウワサのメロンぐま。
| - | 18:35 | comments(0) | - | - | - |

20170306




心の中の『傾かない天秤』は


愛と


信頼と


感謝と


謙虚さ。


全てを赦し、包み込む懐の深さ。
| - | 09:55 | comments(0) | - | - | - |

スケジュール更新しました




河崎です。

気まぐれですが、スケジュールを更新しました。

下記、ご参照ください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スケジュールはコチラからご確認ください

とくに表記のない日はお問い合わせください。
office Prema.河崎敦志
090-7375-0902
office-prema@i.softbank.jp
info@office-prema.com
↑お気軽にお問い合わせください↑
| - | 23:45 | comments(0) | - | - | - |

20170226



河崎です。

写真と本文は全く関係ありませんが、今朝から断捨離スイッチ入ってます。

今まで気付かなかったのですが、僕の断捨離スイッチは、ある種のストレスで入るようです(笑)。

午前中で、45Lゴミ袋に4袋分の服やガラクタを放り込み、若干の整理整頓をしました。

あとひと袋ふた袋は楽々満タンに出来そうですが、以前もこの調子で捨てまくり、気が付いたら着るものがなくなっていたことがあるので、今回はこれくらいでやめておこうと思います。



こいつらは今回も生き残りです( ˙−˙ )

| - | 12:27 | comments(1) | - | - | - |

20170225




河崎です。

海外で活躍している、、頑張っている日本人の若者達は、とてもイキイキしていて、一瞬一瞬全力で、「生命の躍動」を感じさせてくれました。

彼らと出会えた感動は言葉にならないほど、私の心に刺激を与えてくれました。

そんな中で一番感じたのは、日本人の「躾」のよさでした。

躾とは、人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように、訓練すること。

大人は大人、子供は子供の社会のなかで他人と暮らしていく上で必須の作法。

自分がされて嫌な事は、人にはしない。

自分がされて嬉しいことを、他人にもする。

ただそれだけの簡単なこと。


自分勝手な振る舞いはしない

約束は守る

時間は守る

素直に謝る

などなど、当たり前のこと。

これを当たり前のことだと思っているのは日本人。

この世界に誇れる慣習を、今後も絶やすことなく、そして、世界に広げていくことは、世界が未来に向かう中で日本が貢献できる部分だと思う。




良いことは良い。

悪いことは悪い。

屁理屈は善を悪にし、悪を善にする。

僕は、そういうのは嫌いです。

屁理屈で悪を善として許すのは、同罪の悪だと思います。

子供は大人の背中から躾を学びます。
教えたことで育つのではなく、お手本である親が見せたもの、聞かせた言葉で育ちます。

大人も生涯勉強しないと、子供に教えることが出来なくなってしまう。

実際に、そんな不安が現実になっている。


履歴上の最終学歴は高卒や大卒かもしれない。
しかし、実際には生涯勉強することはある。


「当たり前のことが当たり前に出来ること。」

海外に出て、改めて大切なことだと感じたことのひとつでした。


躾に関する面白いかもしれないサイト


下の本は、子供と学ぶのに、まず親が手本となれるように学ぶのに、優しいテキストとしておすすめです。

| - | 01:02 | comments(0) | - | - | - |

20170216





ありのままの

天然自然の美しさを

誰もが持っている。


飾るほど見えなくなる

最も美しい輝き。

| - | 09:04 | comments(0) | - | - | - |

20170206




苦しい時や辛い時は、甘い誘惑やズルい考えに負けそうになるものです。しかし、それは苦しみの種となり、必ず新たな苦しみをうみます。そのような時こそ、正道のど真ん中を歩く決断をするように心がけたいものです。私の経験上ですが、それは必ず未来に大きな正しい実を結びます。
| - | 11:57 | comments(0) | - | - | - |

20170204





我慢することが強さじゃない

そんなことしてたらいつかは壊れる

強がることが強さじゃない

無理に背伸びすると、周りに迷惑がかかる

一人で頑張ることが強さじゃない




あなたの選択が苦しみや痛みだけのものなら

それは間違っている

よく考えなくてもいい

そこに喜びを見い出せないならそれは間違っている

意地を張るより柔軟になって

自分を大切にゆっくり育てていこう

今はまだ早いこともあるかもしれない

今はまだ慣れていないだけかもしれない

苦しくても辛くても強い時は強く

苦しくて辛くて弱い時は弱くいればいい

弱い時に強くいようとするのは矛盾しているよ。
| - | 09:53 | comments(0) | - | - | - |

20170202-2


『御縁と御恩』

生きて行くうえで何をするにしても、ただ生きて行くだけにしても、『御縁と御恩』は最も重んじるべき義理だとつくづく思う。

この大切さが身に染みて感じられるようになった辺り、私も血気盛んな時期を過ぎ、少しは謙虚さが表れたのかもしれない。

今まで出会った誰一人、何一つ欠けても今の自分は無く、どの出会いも、どの御縁も有り難く、感謝に堪えない。

自分の意地やプライドのために見えなくなってしまっていた御縁や御恩は数知れず、まったく恥ずかしい限りである。

やはり、謙虚さを知って初めて感謝の念は沸き起こるものらしい。

そして気付いたことは、今の自分の方が自分らしく楽に生きているということ。

全てのお陰様の上に成り立たせていただいている私。

どんな言い訳をしようとも逃れることのできない御縁と御恩を感じるたびに、我が人生には恥ずかしくて頭を上げられないものばかりである。

出来ることなら不義理の全てに御恩返しを致したいものであるが、今やそうもいかぬ人生をただただ悔い入るばかりである。

この借りたままの感謝を果たしてどうしたものかとも思うが、せめて人類同胞に御奉仕させていただくことで贖罪としたい。

もちろん、返せる御恩は返して行こう。御恩を返して我が身を軽くすることですら、新たな御縁によるのであろうな…。

これはこれは、人生とはまことに御恩返し、御縁結びの旅であると知った。まったく、有り難き人生である。

私に御縁して下さった方々の、なんと寛大なことであろう。

それに比べて、なんと愚かなりし我。

とても人様を責め立てられるような立派なものではないことを、痛感する今日この頃である。

〜以上〜

| - | 08:23 | comments(0) | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM